2022年版 mottoひょうごの

          栗木 剛 プロフィール


くりき つよし   男
1959(昭34)年5月22日生まれ  63歳
神戸大学教育学部(現 国際人間科学部)  特殊教育科卒

現在 mottoひょうご 事務局長

            

     
仕事分野
野外活動・レクリエーションゲームの指導・PTA研修
各種セミナー・高齢者大学・職員研修など
あらゆる年齢層・参加者に対応して
福祉学習・子育て・人権・性教育・ボランティア養成
男女共生・青少年育成など 幅広いレパートリーで
主催者側の要請に応えています
     
個人的には
『楽しくなくっちゃ 講演会じゃない!』をメインテーマに
ちょっと変わった研修・講演を行う毎日
好きな動物は ヤギとダチョウ  体力頑健  大食い
好きな食べ物は ナスとカレーパン
趣味は歩き回ること  子どもは3人、孫7人
座右の銘『曲がり道は曲がってしまえ』
     
     
ご面倒をおかけしますが…
決して写真撮影がNGなわけではないのですが、
(生育歴の関係で…苦笑)カメラなどの撮影器材を
全く所持していません。
で、自身の写真データも一切ございません。
申し訳ないですが、データが必要な方はネット上で
年齢相応のものを探していただき、お使いください。
     


こんなことしてきました

 昭和  53年  神戸青年赤十字奉仕団 所属(〜平成元年)
   57年  兵庫県立神戸養護学校小学部 勤務(〜63年)
   63年  兵庫県野外レクリエーション指導者協議会 企画委員長に就任 専従
     〜平成18年の間に
        リヤカーを引いて兵庫県徒歩縦横断5回
        県チャレンジキャンプ(10泊11日)スタッフ2回
        県内自然学校(5泊6日)技術指導員(のべ99校)
        うれしのユースセミナー(1泊〜7泊)講師(のべ48コース)
 平成  5年  同協議会事務局長に就任
   7年  阪神・淡路大震災直後より避難所便利屋ボランティアに従事
     全国植樹祭知事感謝(自然教育部門)受賞
   8年  便利屋講師団『あめや商会』結成
   11年  文部省委嘱事業『子ども長期自然体験村(13泊14日)』スタッフ
   18年  mottoひょうご 設立 事務局長に就任
   21年  『コミュニケーション麻雀協会』立ち上げに参画
   23年  若者東北被災地支援『兵庫よりこんにちは ハートtoハート』共催
   28年  熊本地震被災地支援事業スタート
   30年  バリアフリーチーム部門を設置 ノートテイク普及冊子発行
 令和  元年  各種研修・講演などの通算件数が6000件(23年間を)超える
   2年  コロナ禍でのステイホームにより 研修・講演が96件に激減するも
 謎の『おふだ』作成で元気をアピール
   3年 リモートと動画作成の上半期と 宣言明けの10月以降で
盛り返して、とりあえず100件 
     令和2(’20)年4月〜の仕事先一覧は→
     
   4年  今年も、人の心をおしゃべりで、ほんわか耕す舌耕(ゼッコウ)家として…